ごあいさつ

 熊本県美術協会は終戦直後の混乱の中、1946年(昭和21年)に県内美術文化の発展と育成を目的として、20名の作家によって創設されました。そしてその年の12月、当時「藪ノ内」の地にあった第一高等女学校(現、熊本県第一高等学校)講堂で第一回展を開催し、その後熊本師範、熊日ホール、大洋、鶴屋デパートホール、市民会館等会場を移しながら回を重ねて来ました。1976年(昭和51年)には待望の熊本県立美術館が完成し、県美展も31回展を真新しい美術館で開催することが出来ました。更に2000年(平成12年)からは美術館本館に加えて分館にも会場を広げて開催することになりました。
 また、2016年(平成28年)4月の熊本地震および2020年(令和2年)のCOVID-19(コロナ)禍による美術館閉鎖によって第71回展、第75回展は開催断念を余儀なくされました。
 今回、部門によっては出品点数の制限や会員作品の大きさの制限など変更はありましたが、従来通り美術館本館並びに分館での開催が出来、嬉しく思っております。
 現在、当協会は日本画、洋画、版画、彫刻、工芸、デザインの6部門で組織されており、会の規模も創立当時とは比較にならないほど大きくなりましたが、その表現意識は常に時代を反映したものであり、それに沿って個々の作家がそれぞれのテーマを掲げて強い意識を持って創作活動を致しております。
 今回は一般、会友の入選、入賞作品189点に加え各部門の会員作品156点の総数345点を展示しております。今回は第77回県美術協会展の御観覧誠にありがとうございます。

会長 小材 啓治